FC2ブログ
2008.09.07 マックロー
blog80907a.jpg

ストレンジラブのアイドル、マックロー。
生まれはヨーロッパのフランスのパリです。
カラスとして生まれた彼は、世界旅行が夢でした。
彼はパリでパスポートを申請しましたが
ハトには出せるけどカラスには出せないと言われました。
なぜカラスはだめなんだ。そう思ったマックローは
白いマントをはおり、ぽっぽ、ぽっぽと鳴いてみましたが
人間はだませませんでした。
まてよ、僕には羽があるじゃないか。
大空に羽ばたいたマックローはまず凱旋門の下のトンネルをくぐり
エッフェル塔の下に並んでいる観光客にフンを落とし
ノートルダム寺院のシメールと世間話をし
Uターンして、ルーブル美術館に並んでる観光客の食べていた
フランスパンを盗みシャンゼリゼを通りピエールエルメで
マカロンを買って、大西洋の方へ旅立ちました。
マックローは海を渡りながら、マカロンをほおばりました。
海を渡るには、やっぱり糖分が必要だ。と、訳が分かんないことを
考えながら、何日も飛び続けました。
マカロンが底をつき始めた頃、前方に陸地が見えてきました。
そこは、アメリカ大陸でした。さっそくマックローはジョージ.ウォーカー.ブッシュに
挨拶をするためにホワイトハウスに行きました。
でも、またしても門番の人にハトはいいけどカラスはだめだよと言われました。
ぽっぽぽっぽ。
やっぱりだめでした。
ホワイトハウスのてっぺんにフンをしたマックローは北へ向かいました。
ニューヨークのマンハッタンの上空を飛び、ナイアガラの滝にやってきました。
でも、大して面白くありませんでした。
マックローは考えました。
やっぱり、どうせ行くならリゾートがいいな。日焼けしたいし。
マックローは西へ向かいシカゴへ着くと、レンタルのハーレーを借りて
ルート66に乗り、サンタモニカへ向けて走り出しました。
途中セントルイスでゲートウェイにのぼり、サンタフェでミヤザワリエを探し
サンバーナーディーノのコンビニでシャーベットを買い
パサデナのローズボールでアメフトを見て、ロサンゼルスのダウンタウンで
スペイン語を習い、ビバリーヒルズのロデオドライブでリチャード.ギアに
サインをもらい、やっとでサンタモニカに着きました。
サンタモニカの桟橋で日焼けをしていると、カモメがやってきました。
さすがサンタモニカのカモメはその辺のカモメと違ってジェラート食ってました。
君はずいぶん黒いけど、ハトなのかい、それともカモメなの?
僕は、ヨーロッパのカラスだよ。カモメはビックリしてジェラートを
こぼしてしまいました。
僕は言いました、世界旅行の終点を探してるんだ。
カモメは、それならアジアがいいよ、と言いました。
アジアは、この海の向こうだよ。特に日本の東京はカラス天国だよ。
マックローは最終目的地を東京に決めました。
さっそくマックローは日本人を捜しにロサンゼルスをグルグル回りました。
すると、15マイル南に行ったところに、背の高い赤いTシャツを着た日本人らしき人が
いました。あなたは日本人ですか?マックローが聞くと、僕はイタリア生まれだけど
日本人だよ。マックローは言いました、あなたのお店の看板鳥になるから、
日本へ連れて行って。その後マックローは、生まれて初めて飛行機に乗り、太平洋を越え
東京のお台場へ行きました。4年前の話です。

話は長くなりましたが、すべてウソです。



剥製・十字架・シャンデリア・ヴィンテージアイテムを探すなら
ストレンジラブ http://www.strangelove.co.jp/

スポンサーサイト



Secret